このページの本文へ移動

イベントレポート

エンディングステージ feat. ワールドウィッチーズ

2020.10.25[SUN]

  • 白山エリア
  • 第三部
  • 19:20~20:00
  • りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館(劇場)

19時20分からは、いよいよエンディングステージ。舞台には総合司会者の村井杏さんと、がたふぇすアンバサダーの石田燿子さんが登場。「朝から夜まで長いなーと思ったけど、気付いたらこんな時間でビックリしました。内容が濃かったんですね!」と石田さん。朝の白い衣装とは全く違う、カッコイイ濃紺の衣装での再登場です。

「ずっと出てらっしゃったから、大変だったでしょう?」と村井さんを気遣い、「いえいえ、ずっと(舞台袖で)お菓子食べてました。」と答える村井さんにすかさず「私も!」と答える石田さん。舞台上で笑い合うおふたりの姿からは、長年共にがたふぇすを支えて来てくださった仲の良さが見て取れました。

「今日初めて歌う曲もあるので、ちょっと珍しく、私、緊張しています。」と吐露する石田さんに、村井さんは「私、袖にはけたら、凝視してますね!」と笑わせ、がたふぇすvol.11エンディングステージ「石田燿子オンラインLIVE feat. ワールドウィッチーズ」がスタート。石田さん2020年の新曲、アニメ『ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN』オープニングテーマ「勇気の翼」を含む全6曲を熱唱する、豪華なステージとなりました。

「(感染症対策で)声は出せないけれど、心は最後まで盛り上がっていきましょう!」という石田さんの掛け声どおり、会場も一体となって盛り上がったエンディングステージ。セットリストは以下の通りです。

  1. 空が呼ぶほうへ
  2. Next Chapter
  3. 乙女のポリシー
  4. COLORFUL BOX
  5. STRIKE WITCHES ~わたしにできること~
  6. 勇気の翼

石田さんのデビュー曲「乙女のポリシー」では、客席にも自然と振り付けをする人の姿が。「一緒に踊って…って言ってないのに踊ってくれるの、大好き!」と石田さん。MCを挟みながら、全6曲をパワフルに歌いきってくださいました。

司会者の村井さんが「来年はめちゃくちゃお客様にも入ってもらって、ライブ配信も同時にするってどうでしょう?」と石田さんに提案すると、「大賛成! 私も体力つけてきます! もっともっと盛り上げられるように!」と、力強い答え。1日を終えての石田さんの感想は「今年はがたふぇすどうなるのかな…と心配していましたが、開催できて本当に良かったです。オンラインの方とも、心の距離が近かったと思います。」とのこと。最後は「ではまた来年、お会いできることを楽しみにしております!」との松井さんの言葉で締めくくられました。

会場に駆けつけてくださった方、オンライン配信を見てくださった方、皆さまありがとうございました! また来年お会いしましょう!