このページの本文へ移動

超アニソンライブ2021

2021年12月5日(日)、りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館のコンサートホール。開演を知らせる大きな音楽、きらびやかな照明と共に現れたのはMC成瀬瑛美さんと公式応援キャラクターえちゴン。観客も大きな拍手で迎えます。

オレンジと黄色を基調とした鮮やかな衣装に身を包んだ成瀬瑛美さんから、このライブが開催されたことに対する喜びの気持ちと開演に際する注意事項が伝えられ、オープニングは終了。さっそくパフォーマンスステージの幕開けです!

17:35~

最初の出演者はきただにひろしさん。トップバッターから大物アーティストの登場に会場は大盛り上がり!歌われたセットリストは以下の通りです。

  1. 「ONE PIECE」新世界編主題歌「ウィーゴー!」
  2. 「逆転世界ノ電池少女」挿入歌「希望の波 海帝ザバーン」
  3. 「仮面ライダー龍騎」エンディングテーマ「果てなき希望」
  4. 「ONE PIECE」ワノ国編主題歌「OVER THE TOP」
  5. 「ONE PIECE」初代オープニングテーマ「ウィーアー!」

MCを挟みながら、新曲や誰もが大好きな名曲の数々を熱く歌いあげてくださいました。

途中のトークで「他の出演者は若い子ばっかり……。この中で『仲間外れは誰だ?』って言われたら絶対にオレだよね!」とおっしゃっていたきただにひろしさんですが、53歳という年齢を感じさせない圧倒的な歌唱力といつまでも衰えないパワフルな歌声はまさに圧巻。会場の空気も一気につかみ、さすがとしか言いようがないパフォーマンスでした。

また、2曲目に歌ったテレビアニメ「逆転世界ノ電池少女」の挿入歌である「希望の波 海帝ザバーン」については、なんとライブで披露されるのは今回が初めてだったそう!貴重な機会をいただけました。

MCの成瀬瑛美さんから新潟について聞かれると、「お酒が趣味……というか『生きがい』なので、新潟でもお酒を堪能したい。」と語られました。

今日も会場まで乗せてもらったタクシーの運転手さんと日本酒トークで盛り上がったとのこと。ライブ後ももちろん飲まれるようで、「今日はみんなの顔を思い浮かべて、思い出に浸りながら飲みます!」とおっしゃっていました。

最後に、このようなお客様の前で歌えるイベントがやっと開催できたことへの喜び、新潟に来れたことへの感謝の想いも語られ、「まだまだ楽しんでいってくださいねー!」と締められたきただにひろしさんでした。

18:00~

続いての出演者はDEARSTAGEとランティスが共同でプロデュースを手掛ける5人組ボーカルユニット「ARCANA PROJECT(アルカナプロジェクト)」の皆さん。歌われたセットリストは以下の通りです。

  1. 「回復術士のやり直し」エンディングテーマ「夢で世界を変えるなら」
  2. 「白い砂のアクアトープ」オープニングテーマ「たゆたえ、七色」
  3. 「白い砂のアクアトープ」2クール目オープニングテーマ「とめどない潮騒に僕たちは何を歌うだろうか」

ふわふわとした中世のドレスのような衣装に身を包み、沢山の拍手の中登場されたARCANA PROJECTの皆さん。こちらもMCを挟みながら全3曲、元気いっぱいのパフォーマンスを披露してくださいました。キュートなダンスと可愛らしい歌声に、会場の雰囲気もほんわか癒されモードに。

「私達のことを初めて見る方もいると思うので」、とメンバーが一人一人自己紹介をされたあと、「このような素敵なイベントに出演できて本当に嬉しいです!」「私たちのアニメソング愛を伝えられるように頑張ります!」とこのイベントに対する想いも語ってくださいました。

また、ARCANA PROJECTとしては新潟初上陸とのこと。しかしメンバーの中には新潟に来たことがある方も数名いらっしゃるようで、「新潟には美味しいものがたくさんあるよね。」「楽屋にも笹団子とか、美味しそうなものがたくさんあった。食べるのが楽しみ!」などとメンバー同士言葉を交わされていました。その後MCの成瀬瑛美さんにより「新潟とアルカナはもう仲良しだね~!」と締めくくられました。

18:30~

次に登場したのは本格派アニソンボーカルユニット「MiaREGINA(ミアレジーナ)」の皆さん。歌われたセットリストは以下の通りです。

  1. 「白い砂のアクアトープ」エンディングテーマ「月海の揺り籠」
  2. 「装神少女まとい」オープニング主題歌「蝶結びアミュレット」
  3. 「逆転世界ノ電池少女」オープニングテーマ「Fever Dreamer」
  4. カバーアルバム「RE!RE!!RE!!!」より「STARDOM!」
  5. 「天晴爛漫!」オープニングテーマ「I got it!」

スローなテンポで大人な曲「月海の揺り籠」に合わせて登場したMiaREGINAの皆さん。

ここまでアップテンポな曲が多かったライブの空気もガラッと変わり、会場もしっとりと曲に浸る雰囲気に包まれました。しかし2曲目の「蝶結びアミュレット」は1曲目と違いアップテンポな曲。激しい歌声とパフォーマンスを見せてくれました。また、「I got it!」ではダンスパートも披露。メンバ―それぞれの個性が光るダンスシーンが楽しめました。

トーク場面では、MCの成瀬瑛美さんからの「皆さんにとってアニソンとはなんですか?」との難しい質問に対して、「が、概念の質問だ~~!」と困惑されていた様子。しかしその後すぐに「大好きなアニメを彩る重要なファクターの1つ、ですよね。」「そんな大役を任せてくださっていることを光栄に思い、真摯に取り組んでいきたいです!」と語られ、皆さんのアニソンに対する大きな愛が感じられました。

また、「『新潟は寒いよ~』と聞いていたのでしっかり防寒してきたんですが、新潟駅前の人や新潟のスタッフさんみんな薄着だったんですよ!」「新潟の人からしたら今日はあったかいの……?」と語り、新潟県民の寒さ耐性に驚いていました。

「まだまだライブ中盤!皆さん、帰るころには汗だくかも。外に出るとき風邪をひかないようにしてくださいね。」と会場のお客さんへの気配りもしてくださり、大変優しいMiaREGINAの皆さんでした。

18:50~

4人目の出演者は新潟市出身で今現在も新潟市在住、がたふぇすのアンバサダーもされている、歌手の石田燿子さん。歌われたセットリストは以下の通りです。

  1. 「ブレイブウィッチーズ」オープニングテーマ「アシタノツバサ」
  2. 「ワールドウィッチーズ 発進しますっ!」オープニングテーマ「Wanna Fly?」
  3. 「SHIROBAKO」オープニングテーマ「COLORFUL BOX」
  4. 「美少女戦士セーラームーンR」エンディングテーマ「乙女のポリシー」(成瀬瑛美さんとデュエット)
  5. 「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」オープニングテーマ「勇気の翼」

実は「超アニソンライブ」に出演されるのは初めてだという石田燿子さん。「こうやって沢山の皆さんと顔を合わせられるライブに出演できて本当に嬉しい。気合い十分です!」とのことで、沢山の名曲を熱唱してくださいました。

また、石田燿子さんのデビュー曲でもある「乙女のポリシー」では、なんと今回のMC成瀬瑛美さんとデュエット!成瀬瑛美さんは「小さい頃から歌っていた歌を憧れの方と歌えるなんて……!」と緊張していた様子でしたが、お二人で息ぴったりの素晴らしいデュエットを披露してくださいました。

トークの場面、MC成瀬瑛美さんからの「現在も新潟市にお住いの石田さん、改めて新潟の魅力を教えてくれますか?」との質問には、「お酒とかお米とか、新潟の食べ物が美味しいのはみんな知っていると思うので、それ以外のおすすめを紹介しますね。それは『日本海に沈む夕日』です!」と返していた石田燿子さん。曇りの日が多い新潟で運よく素敵な夕日が見られるとより綺麗に感じられ、『明日も頑張ろう!』って強く思えるのだと言います。改めて新潟の魅力を再確認できた瞬間でした。

「会場の皆さん、配信で見てくださっている皆さん、ありがとうー!」と感謝の気持ちを声高に叫ばれながら、のびやかで美しい歌声で会場を盛り上げてくれた石田燿子さんでした。

19:15~

5番目の登場は歌手としてだけでなくミュージカルなどの舞台で女優としても活躍されている玉置成実さん。歌われたセットリストは以下の通りです。

  1. 「ウルトラマンZ」エンディングテーマ「Connect the Truth」
  2. 「機動戦士ガンダムSEED」オープニングテーマ「Believe」
  3. 「バトルスピリッツミラージュ」主題歌「Open the GATE」feat. きただにひろし
  4. 「機動戦士ガンダムSEED」オープニングテーマ「Realize」
  5. 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」エンディングテーマ「Reason」

「新潟でのライブは十何年ぶり。今日の日を本当に楽しみにしていました!」と語る玉置成実さん。キレのある力強いダンスと、体を激しく動かしてもちっともブレない歌声はまさに圧巻。二人のバックダンサーとともに、歌にダンスに見ごたえばっちりなパフォーマンスを披露してくれました。

しかしパフォーマンスの途中、激しさゆえか付けていたピアスがどこかに飛んでいってしまうというハプニングも起こっていたもよう。曲終わり、前の方のお客さまに「大丈夫!?ぶつかってない!?」と声をかける姿も見受けられました。

また、最初に登場したきただにひろしさんを迎え、コラボ曲である「Open the GATE」も初披露。アップテンポで激しい楽曲に観客の熱気も上昇します。

歌唱後には「だにーさんのパンチのあるボーカルに引っ張っていただきました……!だって私より高いパート歌ってるところもあるんですよ!すごすぎます。」と先輩への尊敬の言葉も口にしていた玉置成実さんでした。

19:45~

最後の出演者はKOTOKOさん。大トリの登場に会場の盛り上がりも最高潮!歌われたセットリストは以下の通りです。

  1. 「神無月の巫女」オープニングテーマ「Re‐sublimity」
  2. 「キングスレイド 意志を継ぐものたち」エンディングテーマ「SticK Out」
  3. 「おねがい☆ティーチャー」オープニングテーマ「Shooting star」
  4. 「ハヤテのごとく!」オープニングテーマ「ハヤテのごとく!」
  5. 「灼眼のシャナIII-FINAL-」オープニングテーマ「Light My Fire」

激しく力強い楽曲の数々を抜群の声量で高らかに歌い上げたKOTOKOさん。特に代表曲の「Shooting star」と、今回のライブの最後を飾った「Light My Fire」では、頭やペンライトを大きく振りながら大いに盛り上がる観客の方々がたくさん見受けられました。KOTOKOさん本人も、「みんながアニソン大好きだという気持ちが強く伝わってきました!」と語られてました。

また、実はKOTOKOさん、2019年に開催中止となってしまった「超アニソンライブ2019」に出演される予定だったとのこと。その時は台風が理由での中止だったようですが、そのあと新型コロナウイルスが流行し、2020年の「超アニソンライブ2020」も中止、そして今年、悲願の開催!「出演依頼のお話をいただいたとき、食い気味に『やらせてくださいっ!』ってお返事したんですよ。今回の開催が本当に嬉しい。やっと出演できました……!」と喜びの想いを語られました。

ご自身も北海道出身で、音楽好きを絶やさないためにも、地方でライブがあることは非常に大切だと思っていると語るKOTOKOさん。そのために全国ツアーも出来る限り開催したいとのことでした。「超アニソンライブやがたふぇすがこの先もずっと続くことを願って、この曲を歌います。」との前置きで最後の曲「Light My Fire」を歌われ、「超アニソンライブ2021」のステージパフォーマンスは終了となりました。

20:15~

エンディングにはMCの成瀬瑛美さんと「超アニソンライブ2021」公式応援キャラクターのえちゴン、そしてがたふぇすアンバサダーである石田燿子さんを迎え、トークが行われました。

成瀬瑛美さんからの「皆さん、いかがでしたか~?」という問いかけに対し、観客は大きな拍手で返答。えちゴンも「みんなすっごく素敵なパフォーマンスでとっても楽しかったよー。」と感想を述べました。

最後は石田燿子さんの「今後は、もっとたくさんの人が会場に入れるように努力したいですね!また、様々な配信ツール等も使って、更に多くの方々と一緒に楽しい時間を過ごせるように頑張りたいと思いまーす!」との言葉で締めくくられました。

会場にご来場くださった方、配信を見てくださった方、皆さん本当にありがとうございました!ではまた、「超アニソンライブ2022」でお会いしましょう!